夏の肌トラブル | 美容皮膚科夕カミクリニック(東京 表参道)

Medical Beauty News

夏の肌トラブル

肌トラブル多発の夏は“お肌の曲がり角”

毛穴やニキビ、シミにくすみ…何かと肌トラブルに見舞われやすい夏。
夏は、紫外線や高温多湿の外的環境、冷房による乾燥や冷えが招く血行不良、さらに夏特有の崩れにくいメイク事情など、他の季節に比べて肌に過酷な環境が揃うため、肌トラブルが発生しやすくなっています。

夏はなぜ“お肌の曲がり角”と言われるの?

夏は暑さから食欲不振や寝不足に陥り、免疫力や肌代謝が低下した“肌バテ”状態にあります。そのため、できてしまった肌トラブルや受けてしまったダメージの回復が長引き、定着してしまうことから本格的なエイジング症状へと発展してしまうため“お肌の曲がり角”と言われています。

“お肌の曲がり角”となる原因
免疫力低下
肌トラブルを起こしやすい状態

寝不足や暴飲暴食、ストレスなどにより、免疫力が低下すると肌トラブルが起こりやすい状態に。「免疫力が下がって風邪を引いた」と同じことが肌にも起こります。

肌代謝低下
肌トラブル回復を遅らせる原因

①肌が自ら潤いや栄養を抱え込めない肌状態に。
②血流が滞り、栄養や酸素が肌の隅々まで行き渡らなくなる。
そのため、肌トラブルを回避するために必要な薬や化粧品の効果を発揮しにくい肌状態となり、トラブルが長引きやすい。

夏に注意すべき4つの肌トラブル

ニキビ

気温湿度の上昇に伴う皮脂分泌の増加、紫外線による角質脂厚によりニキビ発生。体ニキビも多発しやすい季節。

シミ

強い紫外線の影響でメラニン生成が活発になりシミが発生。
この夏の過ごし方で今後のシミの数が決まります。

毛穴

過剰な皮脂、メイク汚れ、日焼け止めの洗い残しにより毛穴づまりに。放っておくとニキビに発展する可能性大。

くすみ

紫外線による日焼けや角質肥厚、冷房による乾燥や血行不良など、 原因は意外と多く、顔全体がくすみやすい。

あなたはいくつ当てはまる?

肌トラブルを招く夏の生活習慣
  • 一日中冷房の効いた部屋で過ごす
  • タバコを吸う
  • メイクを落とさずに寝る事が多い
  • 運動はほとんどしない
  • 湯船につからずにシャワーだけ
  • UVケアを忘れがち
  • 睡眠時間は4時間以下
  • 常にダイエットをしている
  • 食事の時間が不規則で外食が多い
  • 冷たい食べ物や飲み物が好き
3つ以上当てはまる人は要注意。
肌トラブルを定着させないために、
今すべきケアを!
あなたの肌トラブルはどれ?

※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。