たるみは老けて見える原因に。リフトアップで若さを取り戻す!

加齢とともに顔のたるみは目立ってきます。突然老けて見えるようになってしまったことに驚き、リフトアップをするために何かしなければ、なんて思うことも少なくありません。また、たるみによってしわも目立つようになってしまいますので、何から手を打てばいいか分からず悩んでしまう方も多いのです。

しかし、そういった悩みも“リフトアップ”によって解消することが可能です。リフトアップをすることでたるみを解消し、しわも薄くすることで、見た目の若さも戻ってきます。
さて、それでは、このリフトアップ、いったいどのように行うのでしょうか?今回は、頬のたるみの原因から、リフトアップの方法、リフトアップ施術についてご紹介していきます。

頬がたるむ原因はどういうもの?

頬がたるむ原因にはどのようなものがあるのでしょうか?主に、加齢による皮膚の弾力低下や、表情筋の衰えが原因と考えられていますが、加齢以外にも頬のたるみの原因はあるのです。ひとつずつ解説していきます。

【1】皮膚の弾力低下

年齢を重ねるに従って、肌の弾力に関わっている真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少し衰えてきます。また、コラーゲンやエラスチンを作る働きのある線維芽細胞の働きも弱くなります。若い人の肌は、これらが衰えていないため、肌にハリがあり、若々しいのです。
疲労や生活習慣、栄養バランスの乱れがある食生活なども、肌に栄養成分が行き渡らなくなってしまったり、血行が悪くなってしまったりする原因になります。これらによって健康な細胞が生まれず、弾力の低下とたるみの原因となってしまうのです。健康な肌細胞をはぐくむことも肌のリフトアップにはとても大切だといえるでしょう。

【2】表情筋の衰え

年齢を重ねることによって、筋肉も衰えていきます。顔の肌や脂肪などを支えているのは、表情筋になります。この筋肉量が低下してしまうと、肌や脂肪を支えることが難しくなってしまい、力に負けて下へ垂れ下がることでたるみに繋がってしまいます。表情筋へのアプローチもリフトアップには欠かせません。

【3】姿勢

姿勢も重要になります。悪い姿勢はプロポーションが乱れることだけでなく、顔のたるみの原因になるといわれています。
例えば猫背で生活することによって、自然と顎が前に突き出た姿勢になります。顎が前に突き出た状態は、頬の重心がそのまま下へかかってしまうことになるため、通常の姿勢に比べて頬に余分な重力がかかってしまい、たるみの原因になってしまうのです。
また、肘をついた姿勢も、顔のゆがみが起こりやすくなり、これもたるみへと繋がります。

ここまでに紹介したように、顔のたるみの原因は一つではありませんので、リフトアップを行う際は、これらの要因に対して様々なアプローチをする必要となってきます。

頬のたるみの解消方法はどんなものがあるの?

それでは、頬のたるみを解消するリフトアップの方法としては、どのようなものがあるのでしょうか?

【1】保湿ケアによる肌の弾力アップ

加齢などによって減少した成分を肌にプラスしていくケアがリフトアップの方法として挙げられます。肌が必要とする栄養を、積極的に補っていく方法です。栄養の補助としてのサプリメントの利用や、コラーゲンが豊富に含まれている食べ物を積極的に摂取します。これによって、不足していた栄養が補給されます。また、化粧水や美容液などに、セラミドなどの有効成分が多く含まれているものを毎日のスキンケアに意識的にプラスしていきます。肌の潤いや弾力に欠かせないNMF(天然保湿因子)と細胞間脂質の主成分であるセラミドが高配合されている美容液や化粧水を使い、肌内側からきちんと保湿しましょう。これによって、肌に弾力とハリを与えリフトアップ効果を高めます。

【2】マッサージによる血行促進

リンパの流れをよくするリンパマッサージによって、疲労物質など肌に悪い影響を与えるものをリンパへ流していきます。これによって、老廃物の滞りを解消すると同時に、血行を促進し肌代謝をアップでき、たるみの原因を解消していきます。また、リフトアップを目的としたたるんだ肌を上に上げていくマッサージなども効果的です。ただし強すぎるマッサージはたるみをつくる原因になってしまうこともあるため、皮膚に摩擦を与えないよう行うことが大切です。肝斑やくすみのある所はマッサージにより悪化することがあるので避けて行いましょう。

【3】機器やグッズを利用する

たるみ解消を目指す便利グッズや機器などがたくさん販売されています。マッサージ効果のある美顔ローラーや超音波美顔器などです。中には、リフトアップ用のマスクといったものもあるようです。ただし、これらのマッサージ機器やグッズなどは、あまりリフトアップの効果が感じられないケースや、効果が薄いという場合もあるでしょう。

【4】リフトアップの施術を受ける

美容クリニックで、リフトアップを目的とした施術を受ける方法もあります。医学的にアプローチしていくため、かなり高い効果が期待できます。また、施術もさまざまあり、メスを使った外科的な方法や、全くメスを使わない方法もあります。後ほど詳細をご紹介していきます。

リフトアップ施術とはどういうもの?

リフトアップ施術とは、お肌に処置を施すことによって、たるみなどの悩みを解消していくものになります。多数の施術方法があり、コストも高額なものから低額のもの、メスを使うもの使わないもの、効果が続く期間の長短などの違いがあります。

リフトアップ施術の種類って何があるの?

代表的なリフトアップの施術を5つご紹介します。

【1】切るリフトアップ方法(フェイスリフト)

美容外科で行っている施術で、メスを入れてしわやたるみの原因となっている余った皮膚を切除し、緩んだ筋肉を持ち上げ縫合する、たるみ解消を目的としたリフトアップ術です。
この方法は効果がかなり持続することができる反面、大がかりな手術となるため痛みやダウンタイムが発生し、傷が残ります。また、高度な技術が要求されるため失敗してしまうと、こめかみ部分や髪の毛の生え際が不自然になってしまうことがあるというリスクがあります。病院選びは慎重に行い、信頼できる医師を見つけましょう。

【2】糸によるリフトアップ方法(スレッドリフト)

メスを使わずに糸を用いてたるんだ部分を引き上げていくことによって、リフトアップを行う方法で「スレッドリフト」と呼ばれます。傷跡が残ることもなく、ダウンタイムも短い点が特徴です。リフトアップに使用される糸は、外科手術に使用される医療用の縫合糸で数年すると体内で溶けるものと、溶けないものの2種類がありますが、最近では溶ける糸が主流となっています。メスを使わない分、安全性が高い方法です。

【3】高周波やレーザーなどによるリフトアップ方法(サーマクール、フラクショナルレーザー治療)

肌に高周波やレーザーなどを照射してリフトアップをしていく方法があります。
「サーマクール」は、高周波による熱作用でコラーゲン繊維を収縮させ“皮膚を引き締めるタイトニング効果”と、熱による刺激で肌細胞が活性化し、コラーゲン生成が促進されて“肌にハリと弾力が生まれる効果”によりたるみを解消します。
「フラクショナルレーザー治療」は、高出力のレーザーを肌に照射し、目に見えない小な孔(傷)を開けることにより、肌組織の再構築を促しコラーゲンを増生させます。この肌再生効果によって肌にハリがもたらされます。

【4】ヒアルロン酸や各種ビタミンなどを注入するリフトアップ方法(水光注射)

加齢とともに失われていくヒアルロン酸や各種ビタミン、アミノ酸などの成分を専用のマシンによって肌にダイレクトに注入する方法です。「水光注射」と呼ばれるこの施術は、真皮のコラーゲン密度を高める薬剤の効果に加え、創傷治療による肌再生、コラーゲン増生効果があり、これらによりリフトアップ効果が期待できます。リフトアップ効果だけでなく、肌の透明感やハリ感を上げることができます。もっとも、効果が持続できる期間は永久的ではありません。ただ、自宅でのマッサージなどのセルフケアだけではなかなか効果が見られなかった人にとっては、即効性があり有効的な方法です。

【5】皮膚の引き締め作用によるリフトアップ方法(脂肪溶解輪郭注射)

「脂肪溶解輪郭注射」は植物・海草由来のメディカルハーブを使用し、皮膚の引き締めと脂肪代謝の促進を行います。この2つの作用によってリフトアップ効果が期待できます。注入後の腫れや痛みがほとんどなくダウンタイムの少ない治療です。たるみと脂肪の両方目立つ頬下部や顎下にお勧めです。

リフトアップできる部位はどこ?

リフトアップできる部位としては以下のものがあります。

【1】上まぶた

上まぶたのたるみは老けて見えるだけでなく、暗い印象の顔になってしまいます。また、上まぶたのたるみが進行すると、視野が狭く感じられ、物を見やすくするために、無意識のうちに目を見開くために額の筋肉を使う癖がつき、額のしわが深く刻まれる原因となります。

【2】頬

頬がたるむとブルドッグのようになってしまったり、ほうれい線がくっきり目立つようになってしまったりと、年齢が老けてみえる原因になってしまいます。この頬のたるみをリフトアップによって解消すると、ぐっと若返ったように見えます。

【3】顎

顎はたるむと二重顎の原因になります。太っていないのに、太って見られたり、実年齢より老けて見られたりします。この顎のたるみをリフトアップによって解消することは、これらの悩みを解消させることに繋がります。

【4】首

首には年齢が出るといわれているように、どうしても加齢などによってしわが目立つ場所です。首のしわが気になる部分をリフトアップすると、しわを伸ばすことに繋がっていくため、気になるこの目立った首のしわを解消させることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。リフトアップといっても、たくさんの方法があります。そしてその中には、メスを使用しない、簡単にできるリフトアップの方法もあることもお分かりいただけたのではないでしょうか。

たるみが原因で実際の年齢よりも老けて見られてしまうことが多く、そのことについて悩んでいる方も多いと思います。自己流のリフトアップをしてもうまくいかない場合は、年齢のせいだとあきらめずに、美容クリニックによるリフトアップ施術を検討してみてはいかがでしょうか。

人気の記事Popular article