顔のたるみを解消する方法とは

顔にたるみが少しあるだけで、老けた印象に見えてしまうこと、ありますよね。顔のたるみは加齢によって生じるイメージが強いですが、骨格の問題や、姿勢の悪さ、脂肪の量などが原因となり、若い年代でも発生することがあります。また、たるみを解消するマッサージやエクササイズなども多々ありますが、「やってはみたもののあまり効果を感じなかった…」という方も多いのではないでしょうか。

たるみを根本的に解消するためには、クリニックでの治療が必要です。そこで今回は、気になる顔のたるみを解消して、すっきりとした若々しい輪郭を手に入れる方法をご紹介していきます。

顔のたるみの原因

【1】加齢

年齢を重ねると、シミしわが目立ってくるとのと同時に顔のたるみが目立つようになります。皮膚の真皮を支え肌のハリと弾力を保たせている「コラーゲン」と「エラスチン」というタンパク質繊維が、年齢とともに減少してしまうためです。タンパク質繊維の減少によって皮膚の弾力が失われ、皮膚をきちんと支えることができなくなり顔のたるみが発生します。コラーゲンとエラスチンは加齢だけでなく紫外線によっても破壊されるため、若いうちからしっかりと紫外線対策をしておくと、たるみを予防することができるでしょう。

また、加齢によって表情筋が衰えることにより、顔のたるみが発生する場合もあります。表情筋は皮膚の土台となっているため、この筋肉が衰えると肌を支えられなくなり、たるみを引き起こしてしまうのです。比較的若い方でも、普段からあまり表情筋を使用していない場合は、筋肉が衰えやすいため注意しましょう。

【2】皮下脂肪の増加

真皮の下にある皮下組織は、主に皮下脂肪で構成されています。顔の皮下脂肪が増加すると、重力に負けて脂肪の重みを皮膚や筋肉が支えきれなくなり、脂肪が垂れ下がり、顔のたるみに繋がります。過食や運動不足などで脂肪が付いてしまうだけでなく、加齢とともに新陳代謝が落ちることで、顔の脂肪が増加してしまうこともあります。反対に、加齢によって皮下脂肪が減少し頬がこけてしまう方の場合は、皮膚が余ることによってたるみが発生します。

【3】姿勢

日常生活でうつむいている姿勢が多い方は、顔の筋肉が下に引っ張られ、たるみの原因となります。スマートフォンの普及によってうつむくことが習慣化し、若い年代でも顔のたるみが現れやすくなっているようです。また、猫背の姿勢も顔のたるみを引き起こす原因となります。背筋を伸ばし、きちんと前を向く習慣をつけるようにしましょう。

顔のたるみの解消方法

顔のたるみが少し気になる場合や、たるみの予防をしたい場合は、自宅で簡単なセルフケアを行うと良いでしょう。ただし、目立つたるみを一気に解消するほどの効果は期待できません。

【1】マッサージ

顔のたるみが少し目立っている、たるみを予防したい人はまずは“むくみ”の解消を。むくみからくる顔のモッタリ感は、血流を良くして代謝をアップさせるマッサージがおすすめです。顔へのマッサージはやり方によっては、逆にコラーゲンを破壊してしまい、しわやたるみの原因になってしまうことがあるため、フェイスライン~首にかけてのリンパマッサージをおすすめします。

クリームなどを塗り、指の腹を使って、顎の先から耳の下に向かって指の腹でプッシュしながら円を描くようにマッサージ。さらに老廃物を流すイメージで首筋から鎖骨へ向かって手を滑らせます。最後は、鎖骨のくぼみ部分を軽くプッシュしながらマッサージします。これをすると顔がほかほかとして、血流が良くなっているのを実感できるはずです。ただし、何も付けない状態で行ったり、強く擦ってしまうと肌を傷付けてしまいますので、必ずマッサージクリームなどを使って、しわが寄らないくらいの強さで行いましょう。

そのほか、頭皮のたるみによって顔全体がたるんで見えてしまう場合もあります。マッサージブラシを使って洗髪したり、指の腹で頭皮を刺激したりすると良いでしょう。入浴時に簡単にできるマッサージですので、まだたるみの自覚症状が出ていない方も、予防としてぜひ取り入れてみてください。

【2】エクササイズ

顔の皮膚の土台である表情筋のエクササイズも、顔のたるみに効果的です。頬や口元の筋肉を鍛えたい場合は、口を大きく広げたりすぼめたりするエクササイズや、箸をくわえて口角を上げるエクササイズなどを行うと良いでしょう。目元の筋肉を鍛えるには、眉を上げた状態で下まぶたを閉じたり開けたりするエクササイズがおすすめです。鏡を見ながら、しわができないように注意して行いましょう。

また、日常生活でやや大げさな表情をするよう心掛けたり、口を大きく開けて話をしたりするだけでも、表情筋のトレーニングになります。顔のたるみに効くだけでなく、明るい表情に見えるというメリットもありますよ。毎日コツコツと続けることで、たるみが目立たなくなりすっきりとした顔になります。

【3】美顔器

顔のたるみは、美顔器を使ってケアすることもできます。たるみに効果のある美顔器にはさまざまな種類がありますが、特に「イオン導入美顔器」や「超音波美顔器」が人気です。

イオン導入美顔器とは、微弱電流を流すことによって、美容成分を肌の奥まで浸透させる機械のこと。手やコットンを使って美容液を塗るよりも、かなり高い美容効果を期待できます。一緒に使用する美容成分は、コラーゲンの生成を促す働きを持つ「ビタミンC誘導体」が特におすすめです。コラーゲンが生成されることによって肌にハリと弾力が生まれ、顔のたるみを改善することができます。

超音波美顔器は、クレンジング効果・マッサージ効果・温熱効果という3つの機能を持っており、これらの相乗効果によって顔のたるみが解消されます。クレンジング効果によって肌が美容成分を受け入れやすい状態になり、さらにマッサージ効果と温熱効果によって新陳代謝が促進され、顔に余分な皮下脂肪が付きにくくなるのです。

また、より気軽に使用できる「美顔ローラー」という美顔器もあります。フェイスラインに当ててコロコロと転がすだけで、マッサージ効果を得ることができますが、過度な使用はコラーゲン破壊につながりますので禁物です。美顔ローラーは100円ショップなどでも販売されていますので、普段の生活に取り入れやすいでしょう。

根本的に治したいなら…

既に発生してしまったたるみを根本的に治すためには、美容皮膚科や美容外科での治療が必要になります。表情筋を鍛えるトレーニングのようなものから、メスを使って行う手術まで、さまざまな治療方法があります。

【1】美容皮膚科の治療内容

・顔筋リフト

まずご紹介するのは、表情筋を鍛えて顔のたるみを改善する「顔筋リフト」という治療です。表情筋のトレーニングは自分でも行うことができますが、美容皮膚科での治療の場合は医療用の「EMS(Electrical Muscle Stimulation)」を使用して効率よく表情筋を鍛えます。EMSとは筋肉に電気刺激を与えて運動させる機器のことで、普段自分ではなかなか動かせない部位も、しっかりと鍛えることができる点が魅力的です。顔のたるみに限らず、ダイエット目的でお腹周りや二の腕などに使用されることもあります。
また、EMSは皮膚を切ったりする施術ではないためリスクが少なく、ナチュラルに顔のたるみを解消することができます。1度の施術でもすっきり感を得ることができますが、たるみを解消するためには、週に1~2回のペースで10回程度施術を行うと良いでしょう。

・高周波マシン

サーマクールCPT」は、高周波による熱作用を利用して真皮を支えるコラーゲン線維を収縮させることで、皮膚を引き締め顔のたるみを改善する治療です。コラーゲン生成も促されますので、皮膚の引き締めと同時に肌にハリも生まれます。マシンによるたるみ治療としては圧倒的な人気を誇ります。痛み、ダウンタイムもほとんどなく、施術直後からお化粧してお出かけできる点も人気の理由のようです。

・糸を使ったリフトアップ

顔のたるみには、糸を使って皮膚を引き上げる施術「スレッドリフト」も効果的です。EMSと違い1回の施術で効果があり、ハリのある若々しい輪郭に仕上げることができます。また糸は極細の針を使って皮膚に挿入するため、傷跡が残ることもなく、ダウンタイムも短い点が特徴です。
リフトアップに使用される糸は、数年すると体内で溶けるものと、溶けないものの2種類があります。溶けるタイプは外科的手術に使用される医療用の縫合糸にも用いられる素材でできた糸で体に異物が残らないため安心感がありますが、数年で効果が失われてしまいます。一方、溶けないタイプは長期間効果を持続できますが、失敗すると糸を取り出すための手術をしなければならない点がデメリットです。最近は溶ける糸が主流となってきています。

こちらで紹介した以外にも、美容皮膚科でのたるみ治療には様々な施術があります。医師による診察を受けた上で、効果、リスク、コストなどを比較して、自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

【2】美容外科の治療内容

・フェイスリフト手術

美容外科では、皮膚を切開して、余った皮膚を切除し緩んだ筋肉を持ち上げる「フェイスリフト手術」などを行うことができます。たるみに対してかなり高い効果を発揮し、1度の手術で半永久的に効果が持続する点が魅力的です。ただし、メスで顔の皮膚を切開しますので、術後数週間程度腫れが発生したり、顔が突っ張ったり、傷跡が残る場合があります。そのため、手術は外出する予定の無い長期休暇時などに行うと良いでしょう。
またフェイスリフト手術にもいくつかの種類があり、ピンポイントで行う分ダウンタイムが短いものや、顔のほぼ全体のたるみに効果のある大掛かりな手術などがあります。

・バッカルファット除去

そのほか、ブルドッグ顔の原因となる、頬の奥にある脂肪の塊「バッカルファット」を除去する手術もあります。バッカルファットは加齢によって垂れ下がりたるみを引き起こしてしまうため、若いうちに除去しておくとたるみの予防をすることができます。口の内側を1~2cm程度切開してバッカルファットを引き出す手術となっており、所要時間は30分程度です。メスを使用する手術ですがダウンタイムが短く、1度の施術で高い効果を得ることができます。

まとめ

年齢を重ねると目立つようになる顔のたるみ。加齢だけでなく皮下脂肪の増加や悪い姿勢によっても引き起こされるので、若い方でもたるみが発生する場合があります。初期のたるみやたるみの予防はマッサージやエクササイズなどのセルフケアで十分ですが、症状の重いたるみを根本的に治すためには、クリニックでの治療が必要になります。筋肉に電気刺激を与えるものや、糸を使って皮膚を引っ張るもの、そしてメスで皮膚を切開するものなど、治療方法はさまざまです。それぞれメリットとデメリットがありますので、担当の医師とよく相談して、自分に合った方法を選びましょう。

顔のたるみが解消されると、見た目年齢がグッと若くなります。たるみで悩んでいる方は、ぜひお近くのクリニックに足を運んでみてください。

人気の記事Popular article