美容皮膚科タカミクリニックTOP >

ヒアルロン酸注入(注射)

>

アンチエイジングの記事一覧

>

見た目年齢は変えられる!効果的な若返りの方法とは?

見た目年齢は変えられる!効果的な若返りの方法とは?

実年齢を変えることはできませんが、生活習慣の改善やセルフケア、クリニックでの治療によって、見た目を若返らせることは可能です。また、生活習慣を改善すると見た目だけでなく血管年齢も若くなりますので、美しく健康的な体を手に入れることができるでしょう。

若返りとは?

【1】若返りってどういう状態?

若返りと聞いてまず思い浮かべるのは、肌の状態ではないでしょうか。加齢によって現れるシミしわたるみ、くすみなどを改善し、ハリと透明感のある肌を手に入れると、見た目年齢がかなり若返ります。今あるシワやたるみをなくすだけでなく、これ以上できないように予防することも大切です。

若返りは外見だけの問題ではありません。年齢を重ねていくと、肌年齢だけでなく「血管年齢」まで高まってしまいます。老化した血管は硬く弾力のない「動脈硬化」という状態になっており、症状が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などを発症する可能性も。しかし、適切なケアをしていけば、弾力のある若い血管を手に入れることが可能です。また、皮膚細胞へ酸素や栄養を運ぶ重要な役割をしている毛細血管も年齢と共に減っていきます。肌を若々しく保つためにも、内側のケアを行うことが大切です。

【2】若返りに重要なホルモン

肌の若返りにも血管の若返りにも必要なのが、「成長ホルモン(若返りホルモン)」です。成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンの一つで、体の成長と代謝を促す働きを持っています。成長ホルモンは20歳を過ぎた頃から減少していき、それによって体の代謝が衰えるため、肌や血管が老化してしまうのです。この成長ホルモンの分泌を促すことが、体全体の若返り、さらには肌の若返りにつながります。

若返りのポイント

加齢とともに減少してしまう成長ホルモン。しかし、セルフケアで分泌を促進させることもできます。また、成長ホルモンを分泌させるだけでなく、老化を進めてしまう行為をやめることも大切です。

【1】食事

若返りホルモンを分泌させるためには、適度な空腹が必要です。空腹になると胃から「グレリン」というホルモンが分泌され、これが脳下垂体を刺激して、成長ホルモンの分泌を促します。それだけでなく、空腹時には長寿遺伝子、若返り遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」も活性化されるのです。だらだらと間食をせず空腹の状態を作ると、この2つの効果で若返りを促進することができるのです。

また、ただ空腹状態を作るだけでなく、食事の内容も大切です。成長ホルモンにはアミノ酸が必要なため、アミノ酸を多く含む肉や魚、卵、乳製品、豆類などのタンパク質を積極的に摂取すると良いでしょう。複数のタンパク質をバランスよく組み合わせることで、成長ホルモンがより分泌されやすくなります。食事でうまくタンパク質を摂取するのが難しい方は、アミノ酸系のサプリを活用するのも良いでしょう。

【2】運動

運動をして筋肉が疲弊すると、傷付いた筋肉を修復するために成長ホルモンが分泌されます。筋肉にある程度負荷をかけることが必要なため、ウォーキングや水泳といった有酸素運動よりも、筋トレなどの無酸素運動を取り入れた方が効果的です。
ただし、ウェイトリフティングなどの激しい運動はできないという方も多いでしょう。そこでおすすめなのが、「スロートレーニング」と呼ばれるゆっくりとした動きで行う筋トレです。略して「スロトレ」と呼ばれ、少ない負担で効果的に筋肉を刺激することができます。中国武術の一つである太極拳のようなイメージです。
スロトレのポイントは、ゆっくりとした動作で筋肉を動かすこと。例えばスクワットの場合は、3秒程度かけてゆっくりとしゃがみ、同じくらいの速度でゆっくりと膝を伸ばしていきます。このとき、膝は完全に伸ばし切らないのがポイントです。

そのほか、お腹周りに効く「クランチ」というスロトレもおすすめ。膝を立てて仰向けになり、両腕を頭の後ろに固定して、腰を床に付けたままゆっくりと背中を持ち上げます。普通の腹筋のように上半身を完全に起こさなくて良いので、少ない負担で長く続けることができますよ。運動によって若返りホルモンが分泌されるだけでなく、体の引き締めにも効果的なのが嬉しいですね。

【3】睡眠

成長ホルモンは日中にはあまり分泌されず、睡眠後30分~1時間後の「ノンレム睡眠」時に多く分泌されます。「肌のゴールデンタイムは夜10時~2時」という言葉をよく聞きますが、この時間でなくても、入眠直後に質の良いノンレム睡眠をとれていれば問題ありません。早い時間に眠ったとしても、お酒を飲み過ぎたりすると浅い睡眠しかできず、成長ホルモンがうまく分泌されないのです。
睡眠による若返り効果を得るためには、就寝の2~3時間前までには食事を済ませ、お風呂にゆっくりと浸かって、リラックスした状態で布団に入ると良いでしょう。また、パソコンやスマートフォンのブルーライトは脳を活性化させ寝つきを悪くしてしまいます。就寝前の使用は避け、しっかりと部屋を暗くしてから眠るようにしましょう。

【4】メイク

ほとんどの女性が毎日行うメイクも、肌を老化させる原因の一つです。クリームファンデーションなど油分の多い化粧品を使っていると、空気に触れることで酸化して、肌にダメージを与えてしまいます。パウダーファンデーションなどのなるべく油分が少ない化粧品を使用すること、そしてメイクをしている時間をできる限り短くして、油が酸化する前に洗い流すことが大切です。特にクレンジングをしないで寝たりすると、化粧品の油分と肌の皮脂が混ざり合って酸化し、肌にかなりの悪影響を及ぼします。また、酸化チタンや酸化亜鉛などが配合されている化粧品も、肌の酸化を進めてしまうので避けましょう。

このように、肌の老化を防ぐためにはしっかりとメイクを落とすことが大切ですが、クレンジングや洗顔で皮脂を落とし過ぎるのもNGです。皮脂が失われると肌のバリア機能が低下し、乾燥したり外部からの刺激を受けやすくなったりしてしまいます。肌への負担が少ないクレンジング剤を使うか、クレンジング不要で石鹸だけで落とせるタイプの化粧品を使うと良いでしょう。

【5】その他

特に気を付けておきたいのが、タバコとお酒です。喫煙をするとタバコに含まれる酸化物質によって血管にダメージが与えられ、動脈硬化を引き起こす可能性があります。また血管だけでなく肌の酸化も進み、シワが目立つ弾力のない肌になってしまうのです。さらにタバコを吸うことで大量のビタミンCが消費されるため、肌にくすみやシミも発生します。タバコの影響はかなりの大きいので、若返りをしたい方は今すぐ禁煙をすることをおすすめします。

一方、お酒は適度に飲む分には問題ありませんが、飲み過ぎるのはNGです。アルコールを分解する際に発生する「アセトアルデヒド」という有害物質が、肌の細胞を傷つけてしまいます。アセトアルデヒドはさらに分解されて体外に排出されるのですが、お酒が弱い方はこれを分解する力が弱いので、特に注意するようにしましょう。またお酒を飲む場合は、抗酸化作用の高いポリフェノールを含む赤ワインがおすすめです。そのほか、日本酒にも抗酸化作用のあるフェルラ酸が含まれていますので、赤ワインと同じく飲み過ぎなければ若返りに役立ちます。

一番効果的なのは…治療

生活習慣の改善やセルフケアによって肌の老化を防止することはできますが、既にあるシワやたるみをなくすのはかなり難しいでしょう。肌の若返りには、クリニックでの治療が最も効果的です。

【1】水光注射

「水光注射」とは、ヒアルロン酸やビタミン、アミノ酸などの美肌保湿成分を専用のマシンで注入し、みずみずしくハリのある肌をつくる施術です。ヒアルロン酸は、1gで6リットルもの水分を保持するといわれる、保水力に優れた成分で、もともと人体に存在しているのですが、加齢とともに減少してしまいます。ヒアルロン酸が減ると肌の潤いやハリがなくなり、シワやたるみなどが目立つようになるのです。ヒアルロン酸が配合されている化粧品も多数ありますが、その分子が大きいため外から塗っただけでは皮膚の真皮まで成分を届けることができません。しかし水光注射では、このヒアルロン酸を、皮膚に直接注入するため、肌全体の潤いやハリ、くすみ、毛穴の開き、ちりめんじわなどに高い効果を得ることができます。

【2】ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、ヒアルロン酸を肌の気になる部分に直接注入し、肌を持ち上げることで、ほうれい線などのしわや皮膚のボリュームダウンを解消し若々しさを取り戻すことができる治療法です。ヒアルロン酸注入はメスを使わずに行うリスクの低い治療法であり、短時間で施術をしてその日のうちに帰ることができます。またヒアルロン酸は先述のとおりもとは人体にある成分ですので、副作用の心配もほとんどありません。注入時には極細の針を使用するため、まれに小さな腫れや内出血が起こることもありますが、メイクで隠せる程度ですし、症状自体も1週間程度で治まります。また、クリーム状の麻酔を塗ることもできるので、注射が苦手な方でも安心して施術してもらうことができるでしょう。
ヒアルロン酸注入には、架橋という特別な加工を加えたヒアルロン酸製剤を使用するため、持続効果が長持ちします。年月をかけてゆっくりと吸収されるため、なくなったあと急激にシワやたるみが発生するということはありません。ただし、ヒアルロン酸は一度注入しても徐々に体内に吸収されてしまいます。持続期間はクリニックや体質によっても異なりますが、一般的には1年~2年程度だといわれています。

【3】リフトアップ

肌のたるみを解消する若返りには、リフトアップが効果的です。リフトアップにはいくつかの種類があり、メスを使って皮膚を切るフェイスリフト手術や、糸で皮膚を引き上げる方法高周波や超音波、レーザーを照射する方法、EMSという電気刺激を与える方法などが挙げられます。ただし、肌にメスを入れることに不安を持っている人も多いことから、近年ではメスを使わないリフトアップに人気が集まっています。皮膚を切るフェイスリフト手術よりもリスクが少なく、ダウンタイムも短いのが魅力的です。大きな手術に抵抗がある方でも、気軽に取り入れることができるでしょう。

まとめ

見た目年齢を変える若返りの方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
食事や運動、睡眠などで若返りを促進することもできますが、既にあるシミしわたるみなどを改善するためには、クリニックでの治療が必要です。最近の若返り治療は痛みやダウンタイムが少ないものばかりですので、ぜひ気軽にクリニックを訪れてみてくださいね。

人気の記事Popular article