美容皮膚科タカミクリニックTOP >

小顔・顔やせ

>

小顔・顔やせの記事一覧

>

エラは生まれつきが原因ではないものも!その原因と解消法は?

エラは生まれつきが原因ではないものも!その原因と解消法は?

エラが張っているとどうしても顔が大きく見えてしまったり、人に与える印象が強くなりがちだったり、エラさえなければ・・・と、長年悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか?

このエラは生まれつきだから、と諦めている方もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。確かに生まれつきの骨格によってエラが張っている方もいるのですが、多くは生まれつきが原因ではないのです。今回は、このエラ張りの原因と解消法についてご紹介していきます。

エラが目立つ原因はどんなものがある?

エラ張りが目立ってしまう原因はどのようなものがあるのでしょうか?エラは誰でも持っているものです。ですから、エラが目立つか目立たないかの違いだけなのです。

【1】エラ張りが目立つ原因は?

エラが目立つ原因はどのようなものがあるかご存じでしょうか?

・骨格によるもの

まず、生まれつきの骨格によるものです。顔の形は骨格によってほとんど決まってきます。四角い顔、丸い顔、三角形の顔などさまざまです。この中にホームベース型といってエラが目立つ顔の形があります。エラの部分である頬の横に出っ張りがあるタイプです。この骨格が原因のエラ張りは生まれつきのものです。

・筋肉の発達によるもの

エラの目立ちは、咬筋という顔の筋肉が原因でも起こります。咬筋は、すべての人が持っている筋肉で、この筋肉が発達して大きくなることで、エラが張って見え目立ってしまうのです。このタイプは生まれつきではなく、後天的な原因といえます。
咬筋は文字通り咬む(かむ)筋肉となります。そのため、堅いものを噛むことによってこの筋肉は発達していくのです。もちろん、きちんとこの筋肉が発達していないと、堅い食べ物を食べることができませんので、ある程度この筋肉は発達している必要があります。
しかし、必要以上に発達してしまうとエラが目立つ原因となってしまうのです。咬筋の必要以上の発達には、ストレスによる歯ぎしりや食いしばりが関係している場合があります。日常生活において、ストレスが多いと無意識に歯を食いしばってしまうことがありますので、心当たりのある人は、気をつけるようにしてください。また、ストレスが多いと睡眠中に歯ぎしりが起こりやすくなるともいわれています。歯ぎしりによっても、必要以上に咬筋に負荷がかかってしまいます。歯ぎしりが習慣化すると結果的に咬筋が発達してしまい、エラが目立つ原因となってしまうのです。

・リンパの停滞

顔のあちこちにはリンパが流れています。このリンパがスムーズに流れることにより肌の新陳代謝が促され、肌にハリが出て潤います。しかし、このリンパの流れが悪くなってしまうと顔がむくんでしまう原因になるのです。エラ付近にはリンパの流れが集まる「リンパ節」といわれる部分があります。リンパの流れがスムーズでなくむくみやすいという方は、エラ付近のこの部分でリンパの流れが停滞しまうことにより、老廃物がたまり、エラが目立ってしまう原因になってしまうのです。

・顔に脂肪がつく、むくみ

顔にむくみが起こったり、脂肪が必要以上についてしまったりすると、エラ部分が目立つようになってしまいます。体重増加によって顔に脂肪がついたり、食生活の乱れによるむくみが原因でエラが目立っていることがあります。

【2】エラが目立つタイプの顔は?

顔の凹凸が比較的少なく、全体的に平たい骨格を持つ日本人はエラの張りが目立ちやすい傾向があります。エラを強調させるような髪型で、より顔を大きく見せてしまっている場合もありますので、気になる方は美容師さんに相談してみるのもいいかもしれません。

・目立つ芸能人は?

エラが張っている=ネガティブなことではありません。エラが目立つ芸能人で美しい方はたくさんいます。特に外国人だと日本人に比べてエラを気にしない方も多いのではないでしょうか。例えば、ハリウッドスターでは、アンジェリーナ・ジョリーさんはとてもエラが目立つ女優さんですが、かえってエラをチャーミングな武器にしているといわれているほどです。その他にも、オードリー・ヘップバーンさんも実はエラが目立つ女優さんになります。エラがチャームポイントでもあり、凛とした美しさが際立つ女優さんですよね。

エラの解消方法はどんなものがある?

エラが目立っていても、美人な女性はたくさんいます。それでもエラを解消したいという方に向けて、エラの解消方法についてご紹介していきたいと思います。

【1】咬筋をほぐすマッサージ

エラが目立つのは、エラの筋肉である咬筋が発達したことが原因のひとつにあります。そのため、まずこの筋肉をほぐすマッサージをすると、エラ張りの解消に繋がっていきます。耳の手前の頬の外側部分を両方の3本の指で軽く押さえます。そして、軽い力でほぐして咬筋の血行を促進します。次に口を軽く開けた状態でその3本の指を使ってぎゅーっと押していきます。飛び出た咬筋を中へ引っ込めるイメージになります。さらに口を閉じて、今度は上に持ち上げていきます。これを5回ほど繰り返します。次に2つ目のマッサージ方法としては、エラ部分の筋肉に対して親指でくるくる円を描くように下から上にマッサージしていきます。筋肉をほぐしてエラを目立たなくしていきます。これは簡単にできるため、食事後など咬筋を使用した後にするマッサージとして最適です。最後にこめかみ部分に3本の指を当て、親指部分をエラに当て挟むように力を入れていきます。何回か繰り返すことで血行を促進し、エラを目立たなくする効果が得られるでしょう。

【2】リンパの流れをよくするマッサージ

次にリンパの停滞が原因でエラが目立っている場合は、リンパの流れをよくするマッサージを行うと、目立っているエラを解消することに繋がっていきます。耳の下のリンパを鎖骨まで流すように優しくなでてみてください。リンパの流れが悪い人は、ちょっと痛みを感じる場合もありますが、無理をせず、気持ちいいと感じる強さで行ってください。リンパの流れをよくするマッサージは美容にもいいので積極的に行っていきましょう。

【3】ストレスを解消させる・食いしばりをやめる

ストレスを解消すると、エラの原因となっている食いしばりなどを防止することができます。今以上に咬筋が発達すると余計にエラが目立つようになってしまいますので、咬筋の発達を防止することもエラを解消させる方法の一つになります。また、無意識にしてしまっている食いしばりをやめるように意識することも咬筋の発達を防止し、エラ張りの予防に繋がっていきます。

【4】前髪に気をつける

前髪ひとつでエラを目立たなくすることも可能です。まず、眉の上などで切り揃えるいわゆるぱっつん前髪はエラを目立たせてしまう前髪になります。また、前髪を短くナナメに流すタイプやセンターで分けるタイプも、エラが目立ってしまう前髪といえるでしょう。それでは、どのような前髪がエラを目立たないものになるのでしょうか?まず、ナナメに流す前髪でも、顎先など長めに流すものがおすすめです。長めに流すと影ができますので、エラを隠すことが可能となります。また、ワンレンスタイルのように前髪を掻き上げているスタイルの場合は、ハチの部分のボリュームも抑えることができ、立体感が出るため、エラを目立たなくすることができます。センター分けのスタイルでも、そのまま顎のラインまで伸ばしてしまうと、頬の部分でエラを隠すことができるので、おすすめです。

エラ張り解消の施術ってどんなものがある?

自分でエラを解消したり目立たなくする努力をしてみたけれど、それでもエラがコンプレックスになってとても悩んでいるという場合は、美容クリニックで受けることができる施術をチェックしてみることをおすすめします。

【1】美容外科での施術

骨格が原因となっているエラ張りの解消法として有名なものとして、美容外科で行う「エラ骨削り」の手術があります。元の骨格がエラ張りの場合、出っ張ったエラの骨を削ってエラを目立たなくします。術後は横から見たときのフェイスラインがすっきり整い高い効果を実感できますが、全身麻酔が必要となりますし、痛みも1か月程度は続きます。1泊などの入院が必要な場合もあります。ハードルの高い治療であることは間違いないでしょう。

【2】美容皮膚科での施術

美容皮膚科では、メスを使う美容外科とは異なるアプローチでエラ張りを解消してくれます。美容皮膚科へ相談してみることで、さまざまなエラ解消の方法を紹介してもらうばかりでなく、自分にあった治療について詳しい説明を受けることができます。美容皮膚科で行う施術をいくつかご紹介します。

ボトックス注射

歯ぎしりや噛みしめなどによる咬筋の発達が原因となっているエラ張りを解消させる施術です。咬筋部分にボトックスの注射をすることによって、局所的に筋肉の動きを弱め発達した筋肉をボリュームダウンさせます。注射を打つだけですので入院なども必要なく、5~10分程度で完了することができます。発達した筋肉が細くボリュームダウンするため、エラ張りが目立たなくなりスッキリと小顔に変わっていきます。効果の持続期間は3~4か月ではありますが、比較的費用負担が少ない治療のため気軽に行うことができます。

小顔治療

エラが目立つ原因がむくみやたるみ、脂肪である場合は、これを解消する施術を実施していきます。むくみやたるみが原因の場合は高周波治療「テノール」などを。また脂肪が原因の場合は「脂肪溶解輪郭注射」によっていらない脂肪のみを除去することで、エラ張りの改善とともに、シャープな小顔作りが期待できます。

美容皮膚科では、このような小顔治療をすることによってエラを目立たなくしていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。エラが目立つ原因は咬筋という筋肉にあり、生まれつきの骨格が原因となっている方は少ないのです。そのために咬筋にアプローチしていくことでエラを目立たなくすることは可能です。この咬筋へのアプローチは、自分でできるマッサージや日常生活におけるちょっとした注意でも可能となっています。どうしてもエラを解消したい場合には美容クリニックを頼る方法もあります。エラに悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

人気の記事Popular article