美容皮膚科タカミクリニックTOP >

ニキビ治療

>

ニキビ・ニキビ跡の記事一覧

>

正しいケアで綺麗に治そう!繰り返しできる吹き出物対策

正しいケアで綺麗に治そう!繰り返しできる吹き出物対策

思春期に悩まされていたニキビとは違い、大人になってからできるようになった大人ニキビ、俗に言う「吹き出物」。治りにくい上に跡に残りやすいため、悩んでいる方も多いと思います。
そんな吹き出物を綺麗に治せるよう、正しいケアと対策をご紹介します。

ニキビと吹き出物の違い

一般的に皮脂の過剰な分泌が原因でできる思春期ニキビを「ニキビ」と、ストレスや生活習慣・食生活の乱れなど様々な要因からできる大人ニキビを「吹き出物」と言い方を区別している方もいますが、「ニキビ」と「吹き出物」は全く同じもので、呼び方が違うだけです。

大人ニキビ(吹き出物)の特徴

「吹き出物」と呼ばれる大人ニキビは、思春期以降の大人になってからできるもので、フェイスラインや口の周りにできやすいといった特徴があります。様々な要因が重なってできる大人ニキビは、根本的な原因を見つけにくいため、思春期ニキビよりも治りにくいと言われています。また、繰り返す傾向があるため、セルフケアでの完治が難しいとされています。また、年齢を重ねるごとに人間の体は代謝が落ちていくため、思春期の頃に比べてニキビ跡が残りやすく、ニキビを治すケアと同様にニキビ跡のケアも行っていく必要があります。

大人ニキビ(吹き出物)ができる主な原因

【1】 乾燥

思春期ニキビは皮脂の過剰な分泌が原因でしたが、大人ニキビ(吹き出物)は乾燥が一つの原因である場合があります。肌を乾燥させた状態にしておくと、皮脂膜をしっかり作ることができないため、肌に必要な水分が大量に蒸発してしまいます。そのため、肌を乾燥から守るために皮脂が多く分泌され皮脂がつまりやすくなります。毛穴に皮脂がつまる、という要因は思春期ニキビと変わらないわけです。

【2】 ホルモンバランスの乱れ

「男性ホルモン」というものを聞いたことがあると思います。男性ホルモンといっても、それは女性の体内でも分泌されており、それが皮脂の過剰分泌の原因になっている場合があります。この男性ホルモンには皮脂の分泌を増加させて角質を厚くしてしまう作用があります。ホルモンバランスが乱れる、というのはつまりこのホルモンが何らかの原因により刺激され、働きが活発になっている状態です。その原因の一つとして、ストレスを感じたときに分泌される「コルチゾール」というホルモンが挙げられます。このホルモンは男性ホルモンの分泌を増加させる作用があるため、吹き出物の原因にもなってしまいます。思春期をすぎて社会に出ていく中で、ストレスを感じやすくなるため、ストレスがニキビ(吹き出物)の原因になる、と言われている所以はここにあります。

【3】 便秘

女性に多い便秘ですが、便秘がちな女性は肌のトラブルを抱えている場合が多いです。便秘はニキビ(吹き出物)の要因になっていますが、本人にとっては当たり前になってしまっていることが多いので、見落とされがちです。便秘は、体内に長期間便が溜まっているため、本来なら体外へ排出しなければならない老廃物が溜まっているという状態です。腸内環境が悪化することで、肌トラブルを引き起こします。便秘に悩んでいる方は、食生活の見直しや適度な運動や腹部マッサージを心がけるようにしてください。生活習慣の乱れを改善することで便秘の改善、それがニキビ(吹き出物)の改善へとつながっていきます。

ニキビ(吹き出物)の対策

ニキビ(吹き出物)の対策は、間違ったセルフケアを行ってしまうと、跡に残ったり余計に悪化したりしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

【1】オロナイン

オロナインがニキビ・吹き出物に効くというのを聞いたことがある方もいるかと思います。試してみて効果があった方もいるかもしれませんが、オロナインのような消毒薬は皮膚への刺激が強いため、安易に使用することにより、ニキビ(吹き出物)を余計に悪化させてしまう危険があります。皮膚科で処方される薬とは全く別の薬のため、オロナインの使用よりも、専門医の適切な診断に基づいた外用薬を使用することを推奨します。

【2】化粧水

乾燥が大人ニキビの原因になっている可能性を述べましたが、その場合、化粧水の選び方が大きなカギを握ります。洗顔後にきちんと化粧水で潤いを与えることにより、その後に使用する乳液・美容液の効果も大きく変わってきます。化粧水できちんと保湿しなければ、いくら良い乳液や美容液を使っても効果がなくなってしまうということです。
おすすめは保湿タイプのもので、ビタミンC誘導体が高濃度入っている化粧水です。ニキビ・吹き出物用とうたわれているスキンケア製品は、ノンコメドジェニックのものを選ぶといいです。逆に避けたほうがいいものは、アルコールが配合されているものです。肌状態によっては皮膚に刺激となり炎症の悪化を引き起こす危険があるため、注意が必要です。
また、思春期ニキビ向けの化粧水も、さっぱりしすぎているため、乾燥しがちになってしまうので気をつけましょう。

【3】美容液

美容液は一般的に、基本のスキンケアにプラスαで使用するもの、と認知されているかもしれませんが、ニキビ(吹き出物)のケアにとても重要な役割を果たしてくれます。
美白やエイジングケアなどそれぞれの目的に特化したものがラインナップとしてありますが、ニキビ(吹き出物)に悩んでいる時は、保湿効果に特化したものを選ぶといいでしょう。成分は、水分を蓄えて肌を保湿する効果のあるセラミドがおすすめです。必ずしも高価な美容液が良いとは限りません。お肌に合った美容液の使用はもちろんですが、手の届く範囲の金額のものをたっぷり使用する方が効果を期待できます。

【4】サプリメント

栄養バランスが乱れがちな人は、サプリメントを補助的に使用することをおすすめします。ただし、サプリメントに栄養の全てを頼ってしまうことは、よくありません。あくまでも、食生活を改善して、その上でどうしても不足しがちになってしまう栄養を補助するという目的でのサプリメント使用を推奨しています。

以下が不足しがちな栄養です。サプリメントを使用する際の参考にしてみてください。サプリメントは薬ではありませんが、使用量などは専門医の助言があると、より効率的に摂取が可能になります。

1:ビタミンA

皮膚や粘膜を正常な状態に保つのに欠かせないため、不足すると角質層の保湿力が低下します。過剰摂取に注意してください。

2:ビタミンB群

肌のターンオーバーを正常に保つのに欠かせないため、不足すると乾燥の原因となり、それが吹き出物の原因になります。
特にビタミンB2は皮脂量をコントロールしたり、脂質代謝を促すためニキビ予防には大切な栄養成分ですので、1日に数回に分けてこまめに取りましょう。

3:ビタミンE

肌の血行促進・新陳代謝を活発にするのに欠かせないため、不足すると老廃物をためこみやすくなります。

4:ビタミンC

コラーゲンの生成を促し、新陳代謝を保つのに欠かせないため、不足すると肌トラブルが治りにくくなります。

炎症がおきたら

ニキビ(吹き出物)の保険内の診療は治療の限界があるのも事実です。皮膚科に通院しているがなかなか治らなくて悩んでいる方もいると思います。ここでは、保険外治療になりますが、大きな効果が期待できる美容皮膚科での治療をご紹介します。

【1】ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に酸性の薬剤を塗布することにより、不要な角質を除去する治療法です。皮膚の新陳代謝が高まり、肌の再生力が促され、にきび(吹き出物)の治療に加えてシミやしわなどの肌トラブルの改善も期待できます。症状や肌質を診断し、それぞれにあった薬剤を使用するため、治療が肌に合わずに肌トラブルにつながる、といったリスクも低く、なおかつ美容皮膚科の治療の中でも比較的安価なものになるのでおすすめです。できてしまったニキビ(吹き出物)を治すだけではなく、悪化させない、新たにできるのを防ぐ効果があるため、美しい肌を保つために定期的に通う人が多いです。ピーリングは肌状態によっては乾燥を招いてしまうケースもありますので、必ず美容皮膚科などの医療機関で医師の診察のもと受けるようにしてください。

【2】イオン導入

イオン導入とは、有効成分が配合された導入剤を肌に塗り、微弱電流を流すことでイオン化した有効成分を肌へ効率的に浸透させる治療です。一般的にはビタミンCやEのイオン導入が行われます。ビタミンCやEは皮脂の過剰な分泌を抑えて、できてしまった吹き出物に対しては炎症を抑えて悪化を防ぐ効果があります。また、メラニン色素を抑える、俗に言う美白効果も期待できるため、ニキビ(吹き出物)やニキビ跡(色素沈着)治療からの美容効果も期待できます。また、このイオン導入は先に述べたケミカルピーリングと併用することにより、さらに高い効果が期待できます。ケミカルピーリングで余分な角質を取り除くことにより、イオン導入の効果が高まるので、併用して行うことをおすすめします。

【3】LED治療

最近、ニキビ(吹き出物)の治療にLEDを使用する施術が注目されています。アクネ菌の殺菌作用や皮脂腺収縮作用、炎症抑制作用がある光を当てることにより治療を行うものです。専門医の指導の元でしか行えない治療で、痛みもなく安全です。

・青色LED

ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌する効果があります。アクネ菌の持っている物質が青色LEDを浴びることにより活性酸素を生成する作用があるため、アクネ菌が酸化されて死滅します。

・赤色LED

免疫細胞を活性化させる性質があります。炎症が起きている吹き出物に照射することで、症状が緩和されます。

まとめ

なかなかニキビ(吹き出物)が治らずに悩んでいる方は、根本的な原因が分からずに、とりあえず効果があると言われているケアをなんとなく行っている場合が多いです。自分自身で原因が分からない場合は、ニキビ治療を専門に行う医療機関で治療・助言を受けることをおすすめします。
綺麗な肌になって、明るい気持ちで毎日を過ごしたいですよね。

人気の記事Popular article