美容皮膚科タカミクリニックTOP >

ニキビ治療

>

毛穴の記事一覧

>

いちご鼻にバイバイしよう!いちご鼻の原因と効果的なスキンケア

いちご鼻にバイバイしよう!いちご鼻の原因と効果的なスキンケア

いちご鼻は大半の女性にとって悩みの種であり、それを隠すためについつい化粧が厚くなってしまっている人が多くいます。いちご鼻というのは、白や黒の角栓が毛穴に詰まりいちごの種のようになってしまった鼻のことです。
このいちご鼻で悩んでいる女性も、多くいるのではないでしょうか?
今回は、いちご鼻を効果的にケアする方法についてご紹介します。

正しい角栓のケアを

角栓というのは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まって固まったものです。最初は白色の角栓ですが、毛穴の中に長期間とどまり紫外線などの影響で酸化して黒く変色します。これがいちご鼻の原因になります。
一度いちご鼻になってしまうと、クレンジングや洗顔を普段通り行っただけでは、なかなか改善することができません。また、過度なクレンジングや洗顔は角質を硬く厚くする原因となり、毛穴の出口が塞がれてしまうため毛穴が余計に詰まりやすくなってしまい、いちご鼻の原因になります。

「Tゾーン」といわれる鼻から額にかけての部位は皮脂腺が多くあり、皮脂が多く分泌されます。このTゾーンのテカリや毛穴の開きをカバーするために、毛穴を埋めるような下地を使ったり、ファンデーションを厚く塗ったりすることもあるかと思いますが、それらは毛穴を塞ぐことになりますので、さらに角栓ができていちご鼻が悪化してしまいます。

角栓が原因のいちご鼻に悩む方は、メイクの落とし忘れにも気をつけましょう。帰宅したらすぐに、クレンジング・洗顔をして、化粧やほこりや汚れた皮脂を落とします。これを心がけるだけで、角栓が出来づらくなり、いちご鼻の改善が期待できます。
ただし、洗顔・クレンジングをしすぎることも良くありません。本来必要な角質に含まれる保湿成分まで洗い落とすことで余計に皮脂が分泌されてしまう危険があります。

角栓のケアは正しい方法で行わないと、いちご鼻が余計に悪化してしまうのです。

毛穴の黒ずみの原因が「産毛」の場合も

いちご毛穴と間違えやすい「産毛」による黒ずみ毛穴
鼻の黒いプツプツは、角栓ではなく「産毛」が原因の場合があります。剃毛などによって、太い産毛の断面が黒く目立っている状態です。この場合はレーザーで、原因となる産毛をなくす対策をしましょう。毛抜きなどで抜くと肌にダメージを与えることもあるため、クリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

日常生活で気をつけること

毛穴が目立ってしまう原因として、皮脂が多く分泌されるところにメイクをして、汚れがたまってしまうことが挙げられます。
皮脂やメイクに含まれる鉱物油にはほこりがつきやすく、このたまった汚れが皮脂や古い角質を混ざって角栓を作りいちご鼻になるのです。そしてこの角栓が酸化して黒くなり、さらにいちご鼻を目立たせます。

だからといって、女性がノーメイクで外出するわけにもいきませんよね。
普段の生活で以下のことを心がけるだけでも、いちご鼻が改善し、毛穴の汚れが目立たなくなります。

【1】帰宅後、メイクを早めに落とす

毛穴の汚れ、いちご鼻の原因になるメイクや汚れた皮脂は、なるべく早く落としてあげましょう。クレンジングだけでは汚れは落ちません。必ず洗顔料とあわせてのダブル洗顔をしましょう。

【2】メイク落としシートは使わない

メイク落としシートは肌に摩擦を与えることで角質層を傷めてしまい、いちご鼻を悪化させる可能性があります。肌に摩擦を与えずにメイク汚れを落とすためにも、きちんとした方法でクレンジングを行いましょう。

【3】洗顔はごしごしこすらず、正しい洗顔方法で行う

いちご鼻の原因となる毛穴の汚れは、ごしごしこすっても落とせません。後ほどご説明する正しい洗顔方法で洗顔を行いましょう。

【4】スキンケアをしっかり行う

べたつくのを嫌い、化粧水だけで軽めのスキンケアを行っているとすぐに乾燥してしまい、皮脂により乾燥を補おうと、皮脂を余計に分泌させます。いちご鼻を悪化させないためには、たっぷり化粧水で保湿した後、軽い油膜で蓋をすることが必要です。後ほど、効果的なスキンケア方法をご紹介します。

こんなケアはNG

いちご鼻を悪化させないためにも、間違ったケアのことを知っておきましょう。

【1】毛穴のパックシートを使う

毛穴パックシートは一見効果がありそうですが、毛穴の奥の汚れを取り除くことはできないばかりか、肌を傷つけて毛穴を悪化させる原因になります。長期的に使用することで、どんどん毛穴が開いていきます。

【2】指で角栓を押し出す

間違っているとわかっていてもやってしまっている方がいるかもしれません。肌を傷つけやすく、手から雑菌が入り炎症を起こしてしまう可能性があります。

【3】自宅での過剰なピーリング

適度なピーリングは肌のターンオーバーを促すのに効果的ですが、スクラブ入りのピーリング剤で肌を刺激する、強いピーリング剤を毎日使う、といった行為は肌を健やかに保つためには逆効果で、敏感肌の原因にもなります。ピーリングケアは、肌の状態に合わせて専門家の指導のもとで行いましょう。

【4】オイルクレンジングでごしごし

オイルクレンジングはとても洗浄力が高いため、使用している方も多いと思います。しかし、そのオイルクレンジングでごしごしと過度にクレンジングするのは、逆効果です。乾燥しやすくなったり、きちんと乳化できていないと黒く毛穴が目立つ原因にもなります。

いちご鼻の効果的な治し方

いちご鼻の治し方には、自宅でケアをする方法と、美容皮膚科で治療する方法の2種類があります。通院が難しい方は、自宅で正しいケアを行うだけでも改善が期待できますが、より効果を求める方は美容皮膚科での治療を。また、通院や自宅でのケア以外に、普段の生活習慣の見直しも行いましょう。規則正しい生活・バランスの良い食事・タバコやアルコールを控える・ストレスをためない・運動を心がけるなど。いちご鼻改善のためには、健やかな肌を保つ生活習慣が必要です。正しい生活習慣を身につけるためにも、できるところから少しずつ始めてみてください。

効果的な自宅でのケア方法

いちご鼻に対する効果的な自宅ケア方法として、正しい洗顔方法と保湿ケアをご説明します。

【正しい洗顔方法】

【1】手を洗う

手が汚れていては洗顔料が泡立ちません。

【2】洗顔料をよく泡立てる

洗顔ネットなどを利用して、細かくふわふわの泡を作るように泡立てます。

【3】皮脂が多い部分から洗い始める

まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分から優しく洗い始めましょう。いちご鼻が気になる鼻も優しく丁寧に洗います。泡のクッションを転がすイメージです。
手でごしごし洗ってしまうと、せっかくの泡が台無しになってしまうので気をつけましょう。あまり長い時間をかけずに、30秒?40秒くらいで洗顔するよう心がけてください。

【4】ぬるま湯で20回以上すすぐ

洗顔料をぬるま湯(34℃~36℃程度)でしっかり洗い流しましょう。洗顔料が残っていると肌荒れやいちご鼻悪化の原因になります。

【5】清潔なタオルで顔を拭く

いくら正しい洗顔を行っても、タオルが清潔でなければすべて無駄になってしまいます。拭く際もゴシゴシこすらずに、優しく押さえるように水分を拭き取ります。

【6】洗顔後はなるべく早く保湿

洗顔後は乾燥しがちなので、なるべく早く正しい保湿ケアを行ってください。乾燥による皮脂増加もいちご鼻の原因になります。

【正しい保湿ケア】

いちご鼻の治療には保湿が大事といっても、化粧水をたっぷりつけて満足してはいけません。化粧水の上からしっかり蓋をするように保護アイテムの使用をオススメします。美容皮膚科では治療に効果的なスキンケア商品を開発していますので、そうしたものを選ぶとさらに効果が高まるでしょう。

また、化粧水をつける際は、コットンでの摩擦をさけるためハンドプレスを推奨しています。保湿を強化したいのなら、基本のケアに“セラミドケア”をプラスしてみましょう。セラミドは細胞と細胞の間に存在して、水分と油分を抱え込む細胞間脂質の1つ。肌の潤いを保つためにもセラミドケアの追加は大変有効です。

※セラミド(1.2.3.6Ⅱ)…外的刺激から肌を守り、肌のうるおいを保つために必要な成分。肌トラブルの原因となる角質構造の乱れを改善。バリア機能を修復し、肌を健康に導きます。

美容皮膚科の治療方法

美容皮膚科では、医師の診断のもと、いちご鼻を改善するための効果的な治療方法を提案しています。ここからは美容皮膚科での具体的な治療内容とメリットをご説明します。

【1】ケミカルピーリング

毛穴に詰まった汚れや古い角質を溶かして治療する方法で、いちご鼻の治療にとても効果を発揮します。一般的には2週間おきに治療を1回、それを1クール6回ほど定期的に行うことで効果が実感できます。
美容皮膚科の治療の中では比較的安く治療できるため、挑戦しやすいかもしれません。頑固ないちご鼻改善の一番の近道ともいえるでしょう。

【2】レーザー治療

いちご鼻の原因となる角栓のサイズを小さくするためには、毛穴サイズを小さくしたり、皮脂分泌量を減少させることが重要です。レーザー治療は様々な種類がありますが、毛穴を小さくして皮脂量も抑えられる「フラクショナルレーザー治療」がおすすめです。
フラクショナルレーザー治療はコラーゲンの再生を促してくれるので、肌にハリが出て毛穴自体が目立たなくなるため、いちご鼻治療には大変効果的です。

【3】サプリメント・化粧品

肌を健やかに保つのに必要なビタミンAはビタミンEと一緒に摂取することにより、より高い効果を発揮します。
ただし、妊娠中の女性はビタミンAの摂取は調整が必要なので、代わりにβ-カロテンを摂ってください。
さらに美白効果が期待できるビタミンCと、代謝を高めてくれるプラセンタのサプリメントもオススメです。鼻が赤い人はビタミンB2を摂取して毛細血管を強化しましょう。

理想の栄養バランスは性別や人それぞれの体格や運動量によっても変わってくるので、専門家の指導のもとで服用したほうが、いちご鼻の治療に高い効果を発揮します。
また、前述したように、美容皮膚科が開発した化粧品を使用することで、より早く、いちご鼻の改善が期待できます。タカミクリニックの場合、皮脂トラブルに悩む患者様のためのオリジナル“院内処方コスメ”を開発・処方していますが、市販はしていませんので使用するには受診が必要になります。

【4】イオン導入

高濃度のビタミンCやビタミンEなどの成分を微弱な電流によって導入することで、皮脂を抑制し、赤みや黒ずみを抑える治療法です。化粧水などのようにハンドで塗布するよりも薬剤を均一に約100倍近く肌に浸透することができるため、いちご鼻にも高い効果が期待できます。
前述のケミカルピーリングのあとに行うとさらに効果が高まります。

美容皮膚科でのいちご鼻治療のメリットは、効果の高さ、即効性です。自宅ケアのみではいちご鼻が改善するのに時間がかかります。特に大きく開いてしまった毛穴はスキンケアでの改善は難しいと言えます。通院する費用と時間が許せば、いちご鼻の治療は美容皮膚科で行うことをオススメします。

まとめ

いちご鼻のないつるつるの肌は、女性みんなのあこがれですよね。いちご鼻は改善することができるトラブルです。ここでご紹介したケア方法を実践していただき、いちご鼻知らずのキラキラと輝く肌を取り戻してください。綺麗な肌でいると心も元気になりますよね。美しい肌を手に入れるためには、日々の積み重ねが大事です。いちご鼻を改善して、素敵な毎日を過ごしましょう。

人気の記事Popular article