美容皮膚科タカミクリニックTOP >

クマ治療

>

その他の記事一覧

>

目の下のくまは老化のサイン!くまを改善するホームケア

目の下のくまは老化のサイン!くまを改善するホームケア

20代を境に、目の下にくまが出来ることが多くなってきます。「目の下のくまは寝不足のサイン」と思われがちですが、実は目の下のくまには3つの種類があり、それぞれ違う原因があるのです。

私たちの体は年齢を重ねるごとにくまが出来やすくなるので、しっかりとケアすることが大切です。今回は、目の下に出来てしまうくまの種類とその原因、改善方法などをご紹介していきます。
目の下のくまをメイクで隠すのではなく、根本的に改善していきましょう。

目の下のくまのタイプと原因

【1】茶くま

茶くまは、メラニンによる色素沈着によってできてしまうくまのことです。目の下の皮膚が肘や膝のようにゆるんで一カ所にたまり、ちりめんじわのように色調が暗く見えている状態です。目の下の皮膚は頬などの皮膚と比べてとても薄いものです。そのため、少しの刺激でも色素沈着を起こしてしまう場所なのです。
朝起きて目を擦ったり、メイクを落とすために強く擦ったりするときに、目の下の皮膚はダメージを受けています。そのダメージを受けたまま放置していると、色素沈着を起こしてしまうのです。紫外線や摩擦による刺激・メイクの落としもれなどで年齢を重ねるごとに茶くまが起きやすくなってしまうため、ターンオーバーが間に合わず色素沈着が発生してしまうのです。

年齢を重ねるごとに茶くまは起きやすく、ついついコンシーラーなどのメイクで隠してしまいがちですが、隠すのではなく根本的に改善していく必要がある場所です。

【2】青くま

青くまは、目の周りの血行不良によってできるくまです。
目の周りには多数の毛細血管が通っています。しかし、その毛細血管の血行不良が起きてしまうと青くまと呼ばれる少し青っぽいくまが出来てしまうのです。寝不足になると血行不良を起こしやすいので、寝不足で出来るくまは、この青くまのことを指しています。
青くまの原因は、毛細血管の血行不良ですが、血行不良を引き起こす原因はいくつかあります。

・冷え
・生活習慣の乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス
・睡眠不足
・パソコンやスマートフォンの長時間使用

スマートフォンの普及や、デジタル化によって仕事でパソコンを長時間使う人が多くなっているため、青くまに悩んでいる人が増えつつあります。血行改善をすれば青くまは改善するので、しっかりとケアしていきましょう。

【3】黒くま

黒くまは、目の下のたるみやくぼみによる「影」が原因でできるくまです。
私たちの瞳は、1日に1万回以上のまばたきをすると言われています。まばたきの回数は同じですが、年齢と共に目を開閉する眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉や目元の靭帯がゆるんでしまうと、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる瞳のクッションの役割をする脂肪が前に出てきてしまい、目の下に影を作ってしまうのです。眼窩脂肪によって目の下が黒い影になっている状態にです。
黒くまは骨格の違いなどで10代から出来る人もいて、スキンケアやマッサージなどのホームケアでは効果が出にくい種類のくまです。対処法としては、ヒアルロン酸を注入したり、眼窩脂肪を除去する治療があります。

目の下のくまの対策

茶くま・青くま・黒くまの原因についてご紹介しましたが、それぞれのくまを改善する方法をご紹介します。

【1】茶くま

茶くまは目の下に色素沈着を起こしてしまって出来るくまなので、美白ケアを行うことが改善方法になります。目の周りは皮膚が薄く、水分を保持する力が弱いので美白ケアに加え、保湿ケアをしっかり行うことが茶くま改善の近道と言えます。

・スキンケアはしっかりと行う。刺激の少ない化粧水をコットンに染み込ませて目元に貼りましょう。ただし長時間コットンを貼りっぱなしにすると逆効果。3分程度を目安に。

・ビタミンC誘導体といった美白成分や、セラミドなどの保湿成分がたっぷりと含まれた美白クリームを目元にしっかりと塗る。スキンケアを行う時に、目元を擦らないように注意しましょう。刺激は色素沈着の原因なので、丁寧に優しくケアしていきましょう。
また、紫外線も肌に大きなダメージを与えるので、目元の日焼け対策もぬかりなく行いましょう。

【2】青くま

青くまは目元の血行不良が原因で引き起こされてしまいます。寝不足や、パソコン、スマホのし過ぎなど目の疲れなどから目の下が血行不良になり、うっ血し青暗く見える状態です。ストレスをなくし、睡眠をしっかり取るなど根本的な改善は必要なのですが、すぐにどうにかしたいというのであれば「温冷ケア」が効果的です。目の周りには毛細血管が多く存在するので、目元を温め冷やすことで血行が改善され、青くまの対策になるのです。
清潔なハンドタオルを水で濡らし、ラップをかけて、500Wの電子レンジで1~2分温めた蒸しタオルと水で濡らし冷蔵庫で少し冷やしたタオルを作りましょう。蒸しタオルを目元に置いて5分、冷やしたタオルを目元において5分、これを交互に2~3回繰り返しましょう。血行不良によって顔色が悪くなっている人は、顔全体に蒸しタオルを置くことで、顔色と目の下のくまの両方を改善することが出来ます。

★青くまにおすすめのマッサージ法

目元のマッサージを行うと、目元の血行を改善したり、目元の筋肉のたるみを予防したりすることができます。

<1:用意するもの>フェイスマッサージ用のクリームを用意しましょう。目の周りは皮膚が薄く、マッサージが刺激になってしまうこともあるので刺激にならないように十分な量のクリームを使うことが大切です。強く擦ったり、力を入れないように注意して行いましょう。

<2:目元のストレッチ>(1)目をギュッと力いっぱい閉じて5秒ゆっくりと数える。(2)次に目を大きく開いて5秒キープする。このストレッチを5回ほど行うと、眼輪筋を鍛えることが出来るので、目元のたるみや黒くまの予防になります。

<3:目のマッサージ>(1)両手の人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を額に当て、こめかみまでゆっくりと指圧します。(2)薬指の指の腹を使ってこめかみから目尻までなぞり、目尻から目頭まで目の下の骨を触るように優しく指圧しながら移動させます。(3)同じく薬指を使って目頭から目尻まで、目の上の骨を触るように優しく指圧しながら移動させます。このマッサージを5回程度行うことで、目元の血行を促進することが出来ます。青くまに効果があるので是非試してみてください。

<4:リンパマッサージ>顔の周りの老廃物が溜まっていると、目元のむくみやたるみに繋がってしまい、余計にくまが目立ってしまうので目のマッサージと一緒に行ってみましょう。(1)両耳の後ろのリンパ節を指で押すように5~10回刺激します。(2)両耳の耳たぶをつまみ、横に引っ張ります。気持ちがいい部分で止めて10秒間キープします。(3)耳たぶをかるく揉みます。(4)耳下から鎖骨までを撫でるように刺激し、鎖骨の辺りを軽く押して終了です。

【3】黒くま

黒くまは、眼輪筋のたるみによって眼窩脂肪が飛び出してしまうことで起きてしまうので、ホームケアで出来ることは少ないです。ドクターに相談し、ヒアルロン酸を注入したり、眼窩脂肪を除去することで改善します。ただし、黒くまと青くまなど、混合しているくまもあるので、青くまや茶くまのケアを行ってみるとくまが薄くなったように見えることもあります。

なかなか改善しない場合は

マッサージやスキンケア、生活習慣の改善を心がけてもなかなか治らない場合は美容クリニックを受診するのをおすすめします。2つのタイプのくまがあわさっている場合や、根本的な原因が不明の場合は、専門医の指導を受けなければ適切なケアを行うことが難しいです。

【1】美容外科での施術

・下眼瞼脱脂術

下まぶたの裏から結膜を切開し、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪を取り出して、膨らみを無くすことでくまを治療します。深刻な黒くまにとても有効な方法となりますが、やはり手術ということで金額も高く、少なからずリスクもあるので、ハードルが高いのがデメリットです。

【2】美容皮膚科での施術

眼窩脂肪溶解注射

黒くまの主な原因の1つである目の下の脂肪(眼窩脂肪)による膨らみのみを、メスを使わずにメディカルハーブを主成分とした溶剤を直接脂肪層に注射することによって除去する治療法です。眼窩脂肪へのアプローチはこれまで、外科的手術「脱脂」以外には治療が難しいとされてきましたが、この注射の誕生により腫れなどのダウンタイムなく治療を行うことが可能となりました。

ヒアルロン酸注入(注射)

目の下のくぼみにヒアルロン酸を注射することで肌を面で持ち上げ、疲れて暗くみえる黒くまの症状を改善します。ヒアルロン酸注入により目元がふっくらと明るくなることで肌そのものをキレイに見せる効果もあります。メスを使いませんので、手術はちょっと怖い…という方におすすめです。コンシーラーやエステ、化粧品では消すことのできなかったくまが見違えるほどきれいになります。

テノール(高周波治療)

高周波の熱の力で肌の深部を温めることにより、血流・リンパの流れを促進し、血行不良が原因となる青くまを解消します。コラーゲン生成促進効果によりハリ・弾力もアップします。

メソフェイシャル(エレクトロポレーション治療)

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸など、できてしまったメラニン色素を薄くし、あらたなメラニンを作らない効果のある美白成分を肌の深部に届けることができる医療フェイシャルトリートメント。茶くまを改善しながら、顔全体のトーンもアップすることができます。針を使わず、肌へのダメージ、痛みは一切ありません。施術後すぐに化粧ができるので、気軽に取り入れられる医療レベルの美肌ケアです。

美容皮膚科で行う治療のメリットは、自身のくまの原因を的確に診断してもらうことで、早期の改善が期待できるところです。外科とは異なりメスを使わないため、ダウンタイムも少なく効果の高い治療が多いところも美容皮膚科での治療メリットです。ただ、最先端技術を利用する場合もあり、ホームケアと比べて費用がかかることがデメリットといえます。
ホームケアで改善が見られない場合は、自分では気付けていない別のところに原因がある可能性もあるので、一度美容皮膚科の受診をおすすめします。

まとめ

目の下にできているくまと一言でいっても様々な種類があるので、自分がどんなくまで悩んでいるのかを確認してみましょう。くまの色によって判別することもできますが、茶くまと黒くまといった混合型もあるので自身でのケアが難しい場合もあります。まずはホームケアで茶くまや青くまの改善方法を試してみることが良いでしょう。ホームケアでの改善が見られなかったり、あまりにも酷いくまで悩んでいたりする場合は、一度ドクターに相談してみるのもよいかもしれません。

人気の記事Popular article