美肌へのこだわり

美しい肌を定義する

美しい肌というものは、私たちの想像以上に奥が深く、価値のあるものです。

例えば、「美人」と称賛を受ける女性の多くが、“美肌の持ち主”だという事実をご存知でしょうか。透き通るように美しい肌の人を見ていると、人は「美人」という印象を持つものです。洋服や髪の毛、メイクから受ける印象と同じように、「肌」も、その人の美しさを表現する大切なパーツなのです。

肌が美しいだけで“美人”と認識される確率が高いとするなら、逆に言えば、肌こそが美しさを獲得するためのファーストステップに他ならないとも言えるでしょう。

では、人はどんな肌を“美しい” と捉えるのでしょうか。

“美肌”には様々な要素が含まれます。「色の白いは七難隠す」という昔からの諺がありますが、現代の定義で考えるならば、ただ白いだけというのは美肌の範疇には入りません。

求められるものは、水分をたっぷりと湛えた潤い感であり、イキイキと健康的な血色感であり、内側から光が溢れ出るような輝き――。

よく、「肌の美しさにはその人の生活習慣がにじみ出る」と言いますが、慈しむ心を持って大切に育まなければ、美人に見えるほどの肌にはならないのです。

称賛されるほどの“美しい肌”に含まれるのは、清潔感、知性、品格、オーラ。

すべてを備えて、初めて“美肌”になり得るのです。

これらを一言で表現するなら、やはり“透明感”ではないでしょうか。医学的には、潤いがあり、白さもあり、肌機能が活発に働いている状態で、点も線もムラも一切見られない均一な肌、のことです。

「そんな肌になるなんて無理」と嘆かずに、まず一歩を踏み出してみましょう。

肌は決してその人を裏切ることなく、手をかければかけた分だけ、期待に応えてくれる唯一のもの。他ならぬ貴方にも、美肌への“伸びしろ”は存在しているのです。

美容皮膚科タカミクリニックが目指すのは、透明感を実現した、誰からも“美人”と認定される肌です。肌色以外の色素はまったく見当たらず、均一で、一点のくもりさえも存在しない、そして、ニキビやニキビ跡、シミ、毛穴、ホクロといった悩みに邪魔されていない肌。美肌=美人。

この方程式を、私たちと共に、ぜひ自分のものにしてください。肌が美しく整うことで、その人の存在価値までも格上げしてくれて、今はまだ、眠ったままでいる美のポテンシャルを引き上げるような――。その人の『肌人生』を考え、肌を未来へと『生かして』いくクリニックでありたいと私たちは考えます。

生涯、“美人”と言われ続ける肌をサポートしていくのが、美容皮膚科タカミクリニックが理想とする『肌のかかりつけ』としての役割なのです。

美肌育成外来