治療のご案内

ヒアルロン酸注入

よくあるご質問

注入に関するご質問

ダウンタイムはありますか(内出血、跡はどれくらいですか)

メイクでカバーできないほどの内出血が出る可能性は非常に低いため、ご安心ください。ほとんどの患者様が施術後にお渡しするコンシーラーでカバーすることが可能です。

当院のヒアルロン酸注入後のダウンタイムが発生するケースは、他よりはるかに少ないとはいえ、針を刺す行為なので、全く無いとは言い切っておりません。稀に小さな腫れや内出血は起こり得ます。腫れは2~3日程度で治まり、もし色みが出てしまった場合は1週間~10日前後で吸収されて無くなります。こちらで専用のコンシーラーのお渡しや、カバーするメイク方法もお伝えしていますので、ご安心ください。
どのくらいの量を注入しますか(箇所による料金、本数、何ccなど)
一人ひとりの患者様の症状、肌質、仕上がりのご希望によって使用するヒアルロン酸の種類や本数が異なるため、正確な料金はご来院いただきカウンセリング後にお伝えしております。
(ご希望の箇所の平均的な料金・本数をお伝えする場合もありますが、その場合は、あくまでも目安となります。)
痛みはどの程度ですか
痛みの感じ方は患者様によって異なりますが、痛みが辛くて処置ができなかった患者様はいらっしゃいません。「予想していた痛みほどは痛くなかった」という方がほとんどですので、ご安心ください(痛みの感じ方は鍼灸程度です)。

当院では、痛みをできる限り感じずに施術を受けていただけるよう、何種類か部分麻酔をご用意し、お肌の部位やご希望に合わせた麻酔を事前に使用し施術を行います。
(注射の麻酔を行う場合は、塗る麻酔を使用してから行うため、麻酔の痛みはほとんどなくなります。)
どの位時間がかかりますか
院長 高見が診察~処置までを全て一人で行っているため、来院からお帰りまで2~3時間位と、多めにお時間をみていただいていますが、ヒアルロン酸の注入自体のお時間は、範囲にもよりますが5~30分ほどで終了いたします。
注入と言いましても小さな施術ですので、診察やご説明も含め、ゆっくりとお時間をとって処置をさせていただいています。
注入は必ず院長にしてもらえるのですか
ヒアルロン酸注入においては、院長 高見が全ての患者様の診察と説明、ヒアルロン酸注入の処置まで一貫して担当しています。
当日の施術の流れについて教えてください。
施術の流れは以下の通りです。

① 電話にて予約してください(03-5771-3072)。
② 予約日にご来院ください。
③ ヒアルロン酸注入専門カウンセラーによるカウンセリングを受けていただきます。
④ カウンセリング後に院長による診察を行います。
⑤ 必要書類の記入。
⑥ 麻酔をします。
⑦ 術前の写真を撮影します(術前後の効果をご確認いただくためです)。
⑧ 施術(ヒアルロン酸注入)を行います。
⑨ 必要な方はメイク直しをして頂き、お会計を済ませ終了です。
他のクリニックで量り売り(0.1ml=○○○円)をしていたのですが、タカミクリニックでは行っていますか
量り売りはしておりません。
常にその患者様専用の新品のヒアルロン酸を開封し使用していますのでご安心ください。
1本だけの注入もお願いできるのですか
症状や状況によってはヒアルロン酸を2本以上の量でお勧めさせて頂くこともありますが、1本でも注入は可能です。
例えば鼻や唇は、ヒアルロン酸1本のご用意で十分なケースもございます。
当日に2ヵ所以上注入することは可能ですか
全く問題ありません。
むしろ目の周り、口周りなどを、同時に注入される方が多くいらっしゃいます。
すでに違うクリニックで注入していますが、同じ箇所に注入してもらえますか

最近、他院での注入後のご相談がとても増えています。
すでに、ヒアルロン酸が入っている付近に、ヒアルロン酸を注入することに対しては、慎重に施術を行い、治療症例を増やしています。

現時点では、異なるメーカーのヒアルロン酸が同時に皮下に存在していても、大きな問題は無いと考えています。しかし場合によっては、前のクリニックのヒアルロン酸を一度分解してから、当院で注入させて頂くケースもございます。どのような治療方針をとるかは診察の後、ご案内いたします。
タカミクリニックでは、男性でもヒアルロン酸注入はできますか

当院では、疲れた印象や年齢感を取り除きたいという多くの男性にお越しいただいております。

また男性専用の入り口もご用意しておりますので到着後はお待ち頂くことなく個室へのご案内をしています。
これにより、他の患者様とお顔を会わせる事なく、カウンセリング、診察、施術、お会計まで個室内でご案内させて頂いております。
最近、血小板再生医療(PRP)が話題になっていますが、タカミクリニックでは行っていますか

現在、最も注入剤に適した素材はヒアルロン酸であると考えていますので、PRPの施術は行っておりません。注入剤にはヒアルロン酸のほかに、コラーゲン、脂肪、その他新素材の注入などが挙げられます。また、最近ではPRP等が話題になっていますが、注入剤に求められる条件とはいったい何でしょうか?いくつか挙げられます。

① 安全性が高い
② 効果の持続期間が長い
③ 使い易さ・表現力に優れている
④ 費用対効果が高い
⑤ 分解剤の存在 (100%純粋なヒアルロン酸に限る。混ぜ物のあるヒアルロン酸を除く。)

ヒアルロン酸が美容目的で使用されるようになり10年以上経ち、今では全世界に波及しています。アレルギーの発現率も低く、8000人に1人と言われています。ヒアルロン酸の効果の持続期間についても、メーカー発表では半年~1年と言われていますが、当院では選択するヒアルロン酸の種類、注入量、深度により1年~2年以上効果が持続する方が9割以上を占めています。

上記の理由を考えると、血小板再生医療(PRP)は、ヒアルロン酸に比べ症例も少なく、まだ一般の普及には早いのではと考えています。

注入後に関するご質問

ヒアルロン酸を注入した後は、激しい運動は避けたほうがいいですか
ジムやジョギングなど、代謝が良くなるような運動はその日当日は避けていただきます。また、当日の飲酒と入浴も避けていただきます。ただし、シャワー浴のみは可能です。血行が良くなると、腫れや内出血に繋がりやすくなるため、当日は行わないようにしてください。
マッサージやエステは注入後いつからできますか
注入後の腫れや痛みが引けば問題はありません。目安としては、注入後1週間後から可能ですが、もし不調を感じるようであればすぐにご連絡ください。 (造顔マッサージ、リラクゼーションのフェイシャルなど、マッサージによっての規制は特に設けておりませんので、どの種類のマッサージでも、腫れや痛みが引けば問題ありません。)
レーザー治療をするとヒアルロン酸が溶けてしまいませんか
そういったことはございませんのでご安心ください。
マッサージでヒアルロン酸が移動したり、無くなったりしないですか
マッサージが原因でヒアルロン酸が移動したり、無くなったりする症例は今までございません。
注入したヒアルロン酸はどれくらい持続しますか
個人差がございますが、平均で1年~2年以上持続し徐々に吸収されていきます。
ただ、半年~1年前後で気になられる方もいらっしゃるので、その際はメンテナンスにお越しいただいています。
他の施術(タカミ式メソフェイシャル、タカミ式フォトフェイシャルなど)は当日一緒に施術できますか
お肌の状態次第ですが、多くの患者様が同日に施術をされています。
ヒアルロン酸の副作用はあるのですか
アレルギーの発現もほとんど報告はなく、当院でも副作用や、アレルギーなどが出た患者様は数例のみで、皆様その後は問題なく過ごされています。
ヒアルロン酸を注入することで、循環障害や壊死する可能性はありますか
ヒアルロン酸注入は即効性があり、最近では一般化された治療となっておりますが、そもそもヒアルロン酸に限らず例えばコラーゲン注入などでも、担当医師の技術的な未熟さや経験不足によって、循環障害や壊死が引き起こされる可能性が少なからずあります。そのため、多くの症例を持つ熟練した専門医を選ぶことが非常に重要な治療なのです。

当院では、ヒアルロン酸注入専門のクリニックとして7万件もの施術経験を持つ「ヒアルロン酸注入顧問指導医」である院長 高見がすべての施術を担当しており、これまでに循環障害による壊死に至った事例はございませんのでご安心ください。
1度ヒアルロン酸を入れたら、無くなった時に余計にたるんでしまいますか
当院のヒアルロン酸は非常に吸収のスピードが遅いため(半年から数年、もしくはそれ以上もちます)、急激に抜けてしまうという事がないので、そういったご心配はございません。
注入から数年後、ご自身の肌の老化でたるみが進んでいる場合はございますが、注入したヒアルロン酸が関係してたるむ事はございません。
なぜ、ヒアルロン酸の吸収のスピードが違うのですか
ヒアルロン酸注入の技術によって、注入する深さ、注入量やヒアルロン酸の種類の見極めを、その患者様に合わせて行うことにより、持ちの良さに差が出てきます。
注入前と注入後の肌の触り心地が変わってしまうことはあるのですか
基本的には、他の方から見ても分からないようにしか注入はしませんので、ご安心ください。 例外に当てはまる場合は、院長 高見よりご説明させていただいています。
(例:アゴなどに硬い素材を注入した場合)