治療のご案内

毛穴治療

毛穴の種類

毛穴治療の第一歩は、
毛穴の種類を知ることから

毛穴と一言でいっても、毛穴が目立つ要因は様々です。どういったタイプの毛穴の悩みなのか、なぜ目立ってしまうのかを見極めることが、タカミ式毛穴治療の第一歩です。専門医の診断により、毛穴の症状に合わせた最適な毛穴治療方法をご提案します。

代表的な毛穴の種類

つまり毛穴

過剰な皮脂分泌が主な原因です。皮脂が毛穴に貯留し、剥がれ落ちた角質と混ざり毛穴に栓をしたような状態になったもの。鼻の頭など皮脂分泌のさかんな部分によく見られます。皮脂や皮膚に残った汚れが長時間とどまると酸化が進み、黒ずんでしまうこともあります。

開き毛穴

過剰な皮脂分泌が原因であることが多く、基本的には皮脂の多いTゾーン周辺にできます。開き毛穴の形は丸いことが特長で、脂性肌、あるいは男性に多く見られます。
また、毛穴に詰まっている角栓を除去したあとも、毛穴は開きっぱなしの状態になってしまいます。

黒ずみ毛穴

過剰なメラニンが原因で、毛穴が黒く見えることで、“毛穴ジミ”ともいわれます。紫外線などの外界からの刺激で、毛穴の入り口(毛穴ろうと部)がメラニンを生成することで、色素沈着した状態です。

毛穴ろうと部(毛穴漏斗部):毛穴の入り口部分の医学的な名称。正常な肌の場合、毛穴ろうと部は閉じているが、過剰な皮脂やターンオーバーの乱れ、エイジングなどにより毛穴ろうと部が開放。結果、毛穴が目立つように見えます。

たるみ毛穴

老化が原因による涙形(垂れている)の毛穴のことで、頬や法令線周辺に多く見られます。コラーゲンやエラスチンなどが存在する真皮の弾力が失われ、その周囲の皮膚が萎縮して毛穴の落ち込みが目立つことが原因となります。
また、急激に痩せたり、顔の筋肉を支えきれなくなってくることで、たるみ毛穴へと移行してきます。

クレーター毛穴

以前にできたニキビによるもので、毛穴部分が凹んだ状態です。ニキビケアの失敗といっても過言ではありません。

専門医による毛穴の見極めが
重要です

専門医が患者様一人ひとりの毛穴の症状を見極め、患者様のライフスタイルやご予算、ダウンタイムも考慮したうえで、最適な治療プランをご提案します。

皮膚の構造・メカニズムを熟知した美容皮膚の専門家ならではの発想による、スキンケアを含めたトータル治療で、美肌を左右する毛穴悩みを解消します。